SSブログ
登山教室 ブログトップ
前の10件 | -

12月12-13日上越・谷川岳 [登山教室]

初めての雪山登山のイベントで谷川岳に行ってきました。参加者は今季入校した美女3名。珍道中でした。
20201212_110730.jpg
▲天神平から入山しました。マスコット人形が・・・
20201212_110721.jpg
▲天気は良いのですが、積雪が15㎝。まだ寒気が入っていません。
20201212_135321.jpg
▲すぐ近くの丘でピッケル&アイゼンワーク。すぐに下草が出てきて滑らない、汚いでした。
20201213_092720.jpg
▲今回は幕営(テント泊)訓練も兼ねていましたので、熊穴沢避難小屋まで行きました。
20201213_064112.jpg
▲順調にテント泊ができて、翌朝は夜明けとともに出発。2番手でした。
20201213_065511.jpg
▲マナイタグラ尾根の綺麗な朝焼けで感動しました。しかも一瞬でした。
20201213_080644.jpg
▲肩の小屋にはテントが。小屋に泊まった人もいるようです。まだ無風に近い状態でした。
20201213_081930.jpg
▲トマノ耳では少し雲が現れ天気が崩れていく感じでした。
20201213_082311.jpg
▲主稜線の万太郎山方面はしっかりと雪がついています。この後、天神平に戻ると吹雪になりました。強い寒気が入ってきて数日間荒れるようです。雪はしっかりと積もるのでこの後が楽しみです。
nice!(0) 

9月19-22日北ア・北鎌尾根② [登山教室]

21日(月・祝)はそれぞれのテントを日の出共に出発して、途中の仲間と合流します。
アップ
▲6:15頃にメンバーたちが登ってきました。初テント泊の人もいたようですが元気そうです♪天狗の腰掛で休憩&パーティ編成しなおして再出発です。
独標
▲独標を越えて、
槍ヶ岳穂先
▲槍ヶ岳が見えてきました。
縦走中1
▲いくつものピークを巻いて、
縦走中2
▲越えて・・・
山頂直下
▲やっと穂先基部に到着。
山頂直下
▲山頂抜け口。この後ろの尾根を延々登ってきました。
山頂M組
▲2番手に山頂着のM沢-YーKパーティ。山頂にいる登山者たちに声援を浴びていました(笑)
山頂最終パーティ
▲最後にMっつんーMちゃんーS氏パーティ。カッコよく撮れましたよ♪ 山頂はそれなりに混みあっていたので、写真を撮ったら下山開始です。
集合写真
▲槍沢下山中のメンバーです。みんな足が痛くても、心が折れそうでも(笑)、ヘッドランプつける前には横尾山荘に到着しました。22日(火・祝)は希望者は5:00出発、上高地7:50発バスに乗り込みました。中央道渋滞にはまることなく13:00頃には東京に帰り着きました。みなさん、本当にお疲れさま!楽しい連休でした。

9月19-22日北ア・北鎌尾根① [登山教室]

今夏シーズンに華を添える岳人憧れの岩稜縦走「北鎌尾根」に行ってきました。小説「孤高の人」の主人公・加藤文太郎で有名な(知る人ぞ知るかな?)ルートです。今回はコロナの影響で山小屋の営業制限があり、槍ヶ岳近くの宿泊予約が取れず、横尾山荘出発~水俣乗越~<北鎌尾根>~槍ヶ岳~横尾山荘という行動時間12時間越のハードスケジュールになりました。
水俣乗腰
▲19日はのんびり横尾山荘へ。20日は水俣乗越を越えて、北鎌沢へ。この水俣乗越、ここ最近の台風、大雨の影響でかなりボロボロです。
北鎌沢
▲北鎌沢出合い。通常はここにテント泊となるのが一般的のようですが、今回は宿泊宿の関係もあり横尾山荘まで降りなければいけないため稜線テント泊になります。まあ、最終日が楽でいいですけどね♪
テント場
▲以外に稜線泊の登山者が多く、大所帯の我々は分散してテントを張りました。最終的に天狗の腰掛周辺にタッチの差で場所確保できました♪畳2畳ほどの我が家です。写真には写り切らなかったけど、左に独標というロケーションです。
20200920_180025 (1).jpg
▲こんなきれいな夕日を見ることができました。・・・が、幕営道具を軽量化した事もありますが、かなり寒くて眠れず。夜中に1度起きてお湯を沸かして(一瞬)温まりましたが、結局朝までガタガタ震えながらウトウトでした。まあ、これはこうゆうものなのでOKでしょう。・・・続く

2月22-23日谷川岳登頂と雪洞泊 [登山教室]

22日(土)に天神尾根で雪洞泊して23日(日)登頂の予定でしたが。今年は雪が少なくて大型雪洞が掘れないのと、日曜の天気予報が悪く、ロープウェイも止まる可能性があるので土曜に登頂しました。宿泊は登山指導センター周辺で個人雪洞です。
最後の登り
▲いい天気で少し風が冷たいという好条件で登れました。
山頂
▲山頂で万歳♪今日は「下山後に雪洞を掘る」というミッションがあるし山頂も風が冷たく寒いので、ダラダラせずに写真を撮ったらすぐ下山です。
個人雪洞
▲天神平ロープウェイに着く間際にパラパラ雨がきてたが、下に降りて雪洞を掘り始めたら結構本格的な雨になってきました・・・今回は雪が少なく大型雪洞が構築できないため一人用雪洞構築です。Aさんの雪洞はカプセルホテルのような良い作りです!凝り性の人は楽しいでしょうね(笑)
試し寝
▲スクール生M嬢は少し奥行きと高さが足りないようで、キツキツサイズでした。※翌日撮影。
鍋
▲食事用テントを近くに立てて、そこで食事です。オデン→寄せ鍋ですが、締めのオジヤまで届かずに就寝。さすがに登頂してきているので疲れたよね。・・・雨なのでキッチンテントに荷物を置いたり、希望者はテント泊にしました。夜半はかなりの強風だったようでM嬢のツエルト(雪洞の出入り口)が飛ばされテントに避難。初テントデビューのH嬢は風でテントの中の鍋が転がり汁が・・・と大変だったそうです。M嬢がナイスタイミングで一緒に寝てくれたそうで良かったです。
朝食
▲翌朝は6:00起床。最初はうっすら晴れていたが、あっという間に雪が降りだしました。雨よりはいいね~と言っていたら、あれよあれよという間に吹雪に・・・昨日の残った汁でうどんを食べて、さっと撤収です。雨→強風→吹雪という3連発でテントデビューした長崎県のH嬢は気の毒でしたが、いい経験になったかな。

1月25-26日八ヶ岳・美濃戸周辺アイスクライミング [登山教室]

遅くなりましたが報告します。初日は赤岳山荘のアイスキャンディの初登りをしました。今年は暖冬で正面のエリアだけ登攀可能でしたが、いい氷結状態で練習になりました。2日目は王岩ノ氷柱に行きました。前日に入ったようで凸凹でしたがバーチカルアイスを楽しめました。
IMG_5295 (2).JPG
▲赤岳山荘のアイスキャンディの初登り。少し暖かかったのですが、良い氷になっています。寒すぎて割れないので登りやすいです。
aka1.jpg
▲山荘から正面のエリアだけ解放されています。高さ7-8m、幅5m。上部が薄い(20cm位)。裏側は全然ダメです。
20200126_092909 (2).jpg
▲2日目の赤岩の氷柱のF1、5m。リード練習に最適です。西峰に行く予定でしたが、入山したトレースがあったので、急遽変更しました。
20200126_113313 (2).jpg
▲F2、7-8mは相変わらずのバーチカルアイス。少し被っているのでⅤ級-位でしょうか。しっかりと楽しめました。
nice!(0) 

9月14-16日北ア・剣岳源次郎尾根 [登山教室]

イエティでの剣岳はバリエーションルート入門の源次郎尾根に行きました。
20190914_153753.jpg
▲今回は小屋の予約が取れずにテント泊となりました。幕営場からの剣岳。源次郎尾根も良く見えます。テント場は朝?2時ごろから出発する人がいて3時にはテントの殆どに灯りがつきました。
20190915_062616.jpg
▲3時半にテントを出発して、5時ごろ取り付きに行くと3組の先行パーティがいましたが、暗いのですべてルートを間違えていました。右の通常ルートからコンテで登ると先頭パーティと遭遇。先に行かしてもらって先頭に立ちました。
20190915_064820.jpg
▲Ⅰ峰を越えて、Ⅱ峰への登り。2パーティ、2名ずつでコンテ&ショートロープで登りました。ゲレンデでの練習の成果が出ています。
20190915_070148.jpg
▲Ⅱ峰から見たⅠ峰。山頂右側に後続パーティが見えます? ここまで2ピッチ=1回の休みで頑張りました。
20190915_085129.jpg
▲Ⅱ峰の30mの懸垂下降を終えて、急な1時間の登りで8時半に快晴の山頂へ着きました。山頂にはすでに大勢の登山者で一杯でした。
20190915_093807.jpg
▲下山途中から見上げた剣岳稜線にも多くの人々。そして、縦這の岩場から続く登山者の列、順番待ちで皆さん並んでいました。左上の下りの横這も渋滞が始まっています。いい天気だったのでたくさんの登山者が剣岳を楽しんでいました。
nice!(0) 

5月18-19日富士山登頂と雪上技術講習会 [登山教室]

久しぶりに富士山の登頂に行って来ました。初日の雪上技術講習は5合目のスバルライン近くの雪面で行い、この日は佐藤小屋に泊りました。
20190519_070456.jpg
▲翌日は4時に出発。8合目まで雪がほとんどなくアイゼン無しで登れました。今年はこの下が雪が少なく、8合目から上は残雪が多いいそうです。
20190519_074237.jpg
▲8合中間から残雪が出てきましたが、アイゼンを履いたのは本8合でした。
20190519_092033.jpg
▲8合5尺から見た9合目と山頂。前を歩くのはアトラストレック・パーティ。
20190519_105508.jpg
▲山頂は10時過ぎに着きました。6時間少しかかりましたが良いペースでした。帰りはガスの中となり、吉田大沢をシリセードで降りました。
nice!(0) 

4月27-29日北ア・槍ヶ岳登頂 [登山教室]

27日(土)は雪がチラチラ降る中、槍沢ロッジまで入山です。翌朝は4:00出発、気温は-7℃。少し寒いですが、気持ちよい天気です。無事に登頂し、一気に横尾まで降りました。
ロッジ夕食
▲雪の降る中17:00少し前に槍沢ロッジ着。温かいご飯にありつきました。明日は一番のりで出発します。
槍沢
▲28日(日)は朝方は-7℃と寒かったが、日が昇ると次第に暑くなってきました。長大な槍沢をひたすら登ります。所々アイスバーン箇所もあり。
穂先
▲混み合う前に穂先へ登ります。昨年よりも雪は多いですね。
山頂
▲槍ヶ岳山頂から肩の小屋。最高の景色です。
下り
▲混み合ってきたので、10分程度で山頂を後にします。鎖場のすれ違い等で結構時間かかりました。槍沢の尻セードを期待していましたが、ほとんど滑らず・・・トボトボとロッジに戻り、もうひと頑張りして横尾山荘まで下山しました。みなさん頑張ってくれました。
横尾夕食
▲快適なお風呂と夕食に癒され、やっと緊張から解放されたようです。20時には就寝しました。
横尾朝食
▲朝食を食べて解散♪
サル
▲サルの群れを撮影して正午過ぎには沢渡駐車場に帰りました。そこでポツポツ雨が降ってきたのでラッキーでした。中央道は順調でしたが、次第に断続渋滞のようなので大月下車。18時少し前に帰京しました。
nice!(0) 

4月20-21日北ア・西穂高岳登頂 [登山教室]

初日は暑いくらいの良い天気のなか西穂山荘まで入山です。今日は入山のみなのでゆっくりですが、松本駅周辺はかなり混雑していました。桜も見頃なので、来週は更に混むんだろうな・・・翌日は4:00出発としましたが、夜からの強風のため30分遅らせて出発。結構な強風ですが、それほど寒くなく、無事登頂できました。
朝日
▲独標手前で日の出です。前穂高と吊尾根は雲がかかり、雪煙も舞っています。風速10m~12mというところかな。
独標下り
▲独標の下り。
山頂直下
▲山頂直下です。
山頂
▲山頂♪8:00少し前だったかな。2番着でした。
槍ヶ岳方向
▲槍ヶ岳方向も雲が迫ってきていますし風も強いんで、10分程度で下山開始。
焼岳方向
▲こちらは焼岳方向。乗鞍岳に光が当たって綺麗でした。8:40頃に小屋に戻って西穂ラーメンを食べて帰りました。
nice!(1) 

9月29-30日三つ峠&北岳→室内ジム [登山教室]

ハング
▲週末の台風で三つ峠と北岳は室内ジムに変更となりました。愛知県から参加のK氏は下部のボルダーチックなムーブにはまってます。
ハング越え
▲何かに目覚めた”ムッチャン”はハング越えが様になってきた(?!)かも。
宴会2人
▲早めにジムを切り替えて事務所で宴会です。お風呂に入っている人がいますが、待てずに一杯やり始めました(笑)
ピザ
▲チーズ2種のせピザや、冷奴、生姜焼きなど・・・
伸びるチーズ
▲モッツァレラチーズがよく伸びるピザに自家製ラー油を載せてかなり辛くして満足の2名・・・ラー油を気に入ってくれるのはいいが、良く普通の顔で食べれますね・・・
デザート?
▲〆のデザート!・・ではなく「MIDORI」というスピリッツとトリュフ型チョコと茹でジャガイモにトッピングした唐辛子・・・にニコニコ笑顔のK氏でした。
リード
▲翌朝TVをつけてみると関西方面への新幹線は新宿発(東京?)10:00くらいが最終便で運休してしまうようなので、愛知県のK氏は朝食後にすぐ帰宅となりました。 今日も室内ジムで、おもにリード講習。
リード2
▲今日はジムも空いています。
栗ご飯
▲昨夜に食べきれなかったスパゲティが朝食で、予定していた栗ご飯はみんなの昼弁当になりました♪夕方から台風が来るため、15:00には終了となりました。※台風一過の翌朝、特に被害ありませんが、倉庫ドア開けっぱなしにしてしまい、中は葉っぱだらけとザックなどが濡れました・・・。今日は後片付けと洗濯になりそうです。
nice!(0) 
前の10件 | - 登山教室 ブログトップ