SSブログ
実践登攀 ブログトップ
前の10件 | -

2月27-28日八ヶ岳・横岳小同心クラック [実践登攀]

2月も終わりの日曜日に小同心クラックにい行ってきました。今回はM&Mのスクール生と登りました。
DSCN3414_1.jpg
▲今日も早出して、6時半には取りつきました。今回はM氏が久しぶりの参加ですべてリードしました。
DSCN3416.jpg
▲雪もなく、暖かなコンディションの中、快適にロープを伸ばすM氏。2ピッチ目はリンクカムも使って。
DSCN3418.jpg
▲2ピッチ目のチムニーを抜け出るM君。今日も元気でした。
DSCN3419.jpg
▲3ピッチ目出だしは、突き出た岩に座るようなムーブで抜け出します。
DSCN3420.jpg
▲小同心の頭から横岳西壁の最終ピッチへ。やはりカムを決めて登りました。
20210228_084307.jpg
▲横岳の山頂へは8時半に到着。無風快晴のいい天気です。
DSCN3421.jpg
▲登ってきた小同心の頭(左)と大同心の頭(右)。大同心の頭付近からルンゼを下降して大同心稜を下りました。
20210228_121737.jpg
▲お腹を空かしたM君。前日に予約しておいた赤岳山荘のローストビーフ丼のメガ盛り(4人前)6千円を注文して平らげてしまいました。相変わらずですね。
nice!(0) 

1月16-17日八ヶ岳・中山尾根 [実践登攀]

土日曜日は八ヶ岳に入りました。土曜日は午後から風雪となり、予報以上に悪くなりました。アイスキャンディを登って終了しました。日曜日は早出して中山尾根へ。
20210117_070414.jpg
▲下部岩壁までは乾いた雪のラッセルがあり、苦労しました。岩場には昨日の強風のせいか雪が無く快適でした。
20210117_071836.jpg
▲2ピッチ目の雪壁。予報よりいい天気でほっとしました。終了点まで持ってくれれば最高です。
20210117_075825.jpg
▲上部岩壁も快適でしたが、冷たい風が吹いてきました。
20210117_085038.jpg
▲稜線に出ると南に富士山が見えました。予報が外れて段々といい天気になってきました。赤岳の福田組も無事に登頂するのが見えました。
nice!(0) 

12月27-31日八ヶ岳 [実践登攀]

7日間の間、八ヶ岳で楽しみました。石尊稜、峰の松目沢、南沢大滝、赤岳山荘アイスキャンディなど。
20201227_083409.jpg
▲26日は赤岳鉱泉のアイスキャンディ講習を行い、27日に石尊稜へ行きました。朝は寒かったけどだんだんと暖かくなりました。
20201227_092743.jpg
▲稜線に抜けると快晴の太陽が温かく体をほぐしてくれました。
20201228_140030.jpg
▲28日は赤岳山荘のアイスキャンディの事始め。最近の冷え込みですごく発達しています。
20201228_171526.jpg
▲クリスマスのイルミネーションが氷瀑に映えて綺麗でした。
20201229_102610.jpg
▲29日には峰の松目沢アイスへ。F2が見たこともないほど発達していました。右の氷瀑もリードできました。
20201229_123821.jpg
▲ただ、いつもは登れるF9が細くて、薄くて登れませんでした。残念!
20201231_111631.jpg
▲30日は再び山荘のキャンディ講習後、31日は南沢大滝に行きました。年末なのによく発達していました。ただ、寒かった!-20℃は越えていたかも。山荘で-14℃でしたから。
20201231_165141.jpg
▲大晦日に正月に備えて門松を飾ってくれました。アイスキャンディから取ってきた氷柱で作りました。
20201231_180017.jpg
▲大晦日の夕食は腹いっぱい食べました。1日はキャンディを登って帰りました。 ご覧くださっている皆様へ。新年あけましておめでとうございます。今年も頑張って掲載しますのでどうぞご覧くださいませ。
nice!(0) 

12月5-6日八ヶ岳・裏同心ルンゼ [実践登攀]

いよいよ雪山シーズン。まだ山には雪が少なく、この時期はアイスクライミング。八ヶ岳に行ってきました。
20201205_120109.jpg
▲赤岳鉱泉のアイスキャンディは東面が凍り始めていますがまだまだです。12月3週目あたりがオープンの予定だそうです。
20201205_132007.jpg
▲初日に裏同心の偵察とウォームアップにF1まで行きました。しっかりと予想以上に凍っていました。この3日間の冷え込みだそうです。
20201206_060934.jpg
▲混雑を想定して、日曜日は早出しました。夜間登攀のF1になってしまいました。
20201206_063448.jpg
▲F2もこのように立派な氷瀑です。まだ他に誰も来ないのでゆっくり登りました。
20201206_070637.jpg
▲F3もこのように左右登れます。いい氷です。
20201206_073013.jpg
▲いつもは雪の下か氷が薄いF4ですが、今回は立派なナメ氷ができていました。
20201206_075903.jpg
▲F5はやや薄めでした。と左と中央が登れました。写真は中央です。
20201206_080845.jpg
▲今回の紅一点のT・S嬢。シーズン初めの雪山は体力的に厳しい中、よく頑張りました。
20201206_081413.jpg
▲F5の上に立派なナメ氷が。40m以上ある面白い氷瀑でした。
nice!(0) 

11月7-8日黒岩と子持山獅子岩マルチ [実践登攀]

7日(土)は黒岩ですが、道路工事の通行止めで車道歩かなければならない事が判明。下の通行止めゲートから2.5km1時間の歩きでした。夜は子持山の子持神社の大駐車場で幕営。翌日獅子岩のマルチピッチを登りました。
DSCN4878.JPG
▲黒岩の練習岩でウォームアップ。暖かな日差しに気持ち良くなりそうでした。
DSCN4835.JPG
▲大スラブのイプシロン下部5.10c(左)とオケラ5.8はスラブの苦手な人には厳しいルートでした。
DSCN4844.JPG
▲ヤンキー娘5.11aとキョンシー5.10c。フェースは良い感じのカチフェースでした。
20201107_191815.jpg
▲夕食は久しぶりのモンベル・カレーを作ってきました。本場の味に舌鼓。
20201108_103840 (1).jpg
▲獅子岩の岩峰。獅子よりもゴジラに見えるのは私だけでしょうか?
20201108_071903 (1).jpg
▲獅子岩マルチピッチの1ピッチ目からの俯瞰。まだほかのパーティはいません。
DSCN4860.JPG
▲2ピッチ目は短く切って登りました。リード希望者が多く3パーティ編成です。
DSCN4863.JPG
▲3ピッチ目のサード・パーティをリードするK氏。背のやや低い彼には遠いホールド、遠いピンが問題でした。
DSCN4864.JPG
▲3ピッチ目をフォローするY嬢。フェースからフレーク移るところが遠いホールドに悩まされます。
20201108_081041 (1).jpg
20201108_081339 (1).jpg
▲核心部の4ピッチ目5.9。トップとセカンド・パーティが混在して登っています。
DSCN4868.JPG
▲サード・パーティのトップのK氏の登り。
DSCN4878.JPG
▲5ピッチ目は細かく切って2ピッチで登りました。最終ピッチで獅子岩山頂へ。 山頂はハイカーで大混雑。登山道も同じく、紅葉のいい季節ですからね。
nice!(0) 

10月31日~11月1日甲府・太刀岡山と兜岩 [実践登攀]

今週末は甲府周辺の岩登りに行きました。初日は兜岩でクラックとフェースの練習を。2日目に太刀岡山左岩稜に行きました。2日間とも秋のさわやかな快晴に恵まれて快適なクライミングを楽しめました。
20201031_135830 (1).jpg
▲初日の兜岩はうちと団体さんの2パーティ。下の岩場でクラックやスラブ&フェースで楽しみました。夜は駐車場で泊まらせていただきました。寒かった。
20201101_082638.jpg
▲日曜日は朝早く太刀岡山へ。羽毛服を着こんで、使い捨てカイロも張りました。1ピッチ目の核心を抜ける。
20201101_091914.jpg
▲3ピッチ目のチムニーで全員全力を出し切り疲れました。なれないチムニー登りはテクニックがいります。
20201101_093532.jpg
▲2パーティ目のトップで登ってきたK氏。疲れ果てて一休み中です。
20201101_102437.jpg
▲5ピッチ目を登る。リッジ登りになり快適になりました。
20201101_105538.jpg
▲最初のロケーションのいいところでポーズするM氏。
20201101_110516.jpg
▲最後のロケーションでポーズするトップパーティのM&Y氏。
20201101_113348.jpg
▲紅葉に溶け込みそうなM氏。
20201101_114210.jpg
▲最後にK&M氏。昼に終了しました。
nice!(0) 

10月18日上越・谷川岳烏帽子沢奥壁・南稜 [実践登攀]

4年ぶりの谷川岳に行きました。今回も天気が心配でしたが、当日は快晴。秋の気候の中、外岩登りをしっかりと楽しめました。
20201018_061552.jpg
▲ヒョングリの滝の高巻きから。
20201018_092252.jpg
▲馬の背リッジ。
20201018_093009.jpg
▲本谷の岩がきれいだ。
20201018_100143.jpg
▲最後の垂直フェース。
20201018_100631.jpg
▲少し濡れていたけれど快適でした。
nice!(0) 

10月3-4日北八ヶ岳・稲子岳南壁 [実践登攀]

初日は箱庭でマルチピッチシステムの復習などを行いました。翌日は天気予報が朝に変わって11時頃に雨マークが入りました。5:00過ぎ出発を予定していましたが、朝から雲が厚く明るくならないので5:00には出発。登山道から稲子岳への分岐に差し掛かると登山者が休んでいます。話を聞くと稲子岳に行くが明るくなるまで待機しているそう。心の中で「ラッキー・・・」と思いながら先に行かせてもらうと、後からついてきた・・・「これはまずい・・・」と休憩なしで取り付きへ。10分ほどの差で1番手取れました。後は、天気が崩れないうちにダーッと登って7:30には稲子岳山頂。中山峠への登り返しでパラパラ雨が降り始めましたが雨具を着ることなく黒百合ヒュッテ着。休憩中も降っていましたが、唐沢鉱泉へ下山するころにはほとんど止んで雨具を着ることなく到着できました。
DSCN4772.JPG
▲2P目終了点。風が強く寒い・・・
DSCN4773.JPG
▲次第にガスが降りてきました。今にも雨が降りそうです。
DSCN4778 (2).JPG
▲最終ピッチで”万歳~!”あっという間に終了。
DSCN4779.JPG
▲黒百合ヒュッテに戻り、しばし休憩後にすぐ下山。今回のメンバーはほとんど休憩なしで元気でした。

9月26-27日瑞牆山・大ヤスリ岩ハイピークルート [実践登攀]

26日は天気予報が微妙すぎで、しかも悪い方に外れて東京は雨。天狗岩をあきらめてイエティ室内ジムになりました。翌朝は4:00に事務所出発して瑞牆山へ。アプローチ道は濡れて荒れていましたが、2時間弱で大ヤスリ岩基部に着。岩も少し乾いてきているようです。
1P目
▲今日は2パーティ。遠藤組とK氏組です。
1Pフォロー
▲遠藤組のミポリン&S嬢パーティ。途中で色々とトラブルがあったようです(笑)が、何とか解決して登っていきました。
1PK
▲後ろにリード希望者のK氏ー福田パーティ。
2P
▲2P目。バンドを左上して凹角に入っていきます。少し湿気っています。
2Pだいぜん
▲同じく2P目のK氏。
凹
▲凹角を登るミポリン。
あぶみリード
▲3P目はアブミのロングルートです。
メンバー
▲今日のメンバー。瑞牆山からの声援を浴びています(笑)。
あぶみ
▲声援をあびながら登る3人。
抜け口やまだ
▲大ヤスリ岩頂上まであとわずか!S嬢です。
頂上
▲頂上!ジュディオング?
頂上だいぜん
▲リードのK氏も登ってきました!
20200927_110837 (1).jpg
▲さっきまで晴れていたのに、ガスが出てきて寒くなってきました。雨が降らないうちに下山開始しました。中央道の渋滞にギリギリはまらずに東京に帰り着くことができました。

8月10日八ヶ岳・大同心正面壁雲稜ルート [実践登攀]

10日は朝早く出て大同心正面壁を登りました。前日の霧雨はなかったものの深いガスの中の登攀になりました。2パーティに分かれて6名で登りました。1パーティ目は遠藤、2パーティ目は福田が付きました。
DSCN4356 (2).JPG
▲快晴を期待していたのにガス。しかも濃いので岩が湿っています。草に付いた露はロープまでびしょびしょにします。
daidou200808_8_9.jpg
▲幸い少しずつガスが薄れて視界がきくようになりました。1ピッチ目が最も苦労したピッチです。
daidou200808_10.JPG
▲2ピッチ目終了点間際。フリーのピッチですがホールドが湿気ていました。
daidou200808_15.JPG
▲最終ピッチでようやく視界が開けて、3日間でようやく晴れ間が見えました。
daidou200808_16 (2).jpg
▲終了点から見た最終ピッチ。5人が見えます。ガスも切れて周りの山々もよく見えました。
daidou200808_20.JPG
▲大同心の頭から大同心沢を下降して取り付きに戻りました。その時見た正面壁は乾いていて快適そうでした。
daidou200808_21.jpg
▲朝食抜きの皆さんは、帰りの赤岳山荘で食べるどんぶりが楽しみです。今日の皆さんは山荘新作のローストビーフ丼。1500円ですがその値段以上にうまいそうです。
nice!(0) 
前の10件 | - 実践登攀 ブログトップ