SSブログ
モンベル・コラボイベント ブログトップ
前の10件 | -

3月1-2日赤岳登頂 [モンベル・コラボイベント]

2月最後の週末は谷川岳雪上講習。27日は軽い吹雪でロープウェイ運転見合わせ(午後から再開)、28日は晴れでした。3月1-2日は八ヶ岳へ。1日(月)はかなり良い天気ですが、登頂日2日(火)の天気予報は絶望的・・・技術、体力問題ない参加者なので、時間制限付きで入山日に赤岳へ登ることに。翌日は赤岳鉱泉でも雨でした。
文三郎道
▲今年はコロナの影響で美濃戸口からのバス便の間引きと平日運行無しなどで集合時間を遅くしてあるのですが、登頂日が悪天予報で入山日が快晴ってパターンは悔しいところです。今回は強そうな参加者だったので、悩みながらも初日に登頂するつもりで出発。通常よりも行動時間が長くなるので、無理せず登頂できなくても撤収時間を決めて出発。しかしこの日はドピーカンで暑さと疲れて大幅ペースダウン。残念ですが文三郎道途中で撤退しました。
煮カツ
▲小屋に戻ると、夕食はレアメニューの「煮カツ」でした!鉱泉スタッフによると、これを出すのは1年以上ぶりだそうです♪・・・「山頂」よりも「煮カツ」で運を使った気がします・・・
2日
▲翌2日起床すると、稜線は晴れています!??「しまった(予報よりも天気いい?)・・・」と思いましたが、朝食を食べるころには赤岳の稜線は雲の中へ。風も吹き始めました。やはり悪天だ・・と少しホッとしました(笑)。このイベントはアイゼンワーク講習付ですが、参加者2人ともクライミング経験者で歩きも問題ないので、2日は番外編でアイスクライミング講習です。しかし外にでたとたんに雪交じりの雨(というか、ほぼ雨)。3ルート登って腕が終わって終了、下山。
ユッケ丼
▲それほど雨が酷くないうちに赤岳山荘へ下山。新作の「ローストビーフのユッケ風丼」を食べるころには結構本降りの雨です。色々とラッキー&アンラッキーがありましたが、これで下山となりました。 ちなみに、この雨で赤岳山荘~美濃戸口バス停間は氷が溶けて地面が出た個所もありますが、今後の冷え込みで更なるアイスバーンになる可能性もあり。スズキのX-Bee(車高18cm)でお腹スリませんでしたが、更に溝が深くなるかも知れません。

2月22-23日八ヶ岳・赤岳 [モンベル・コラボイベント]

私(遠藤)としては年に1回あるかな無しかの八ヶ岳のコラボイベントに行きました。
20210222_152634.jpg
▲初日は鉱泉のオーナーにピックアップしてもらい1時間で鉱泉につきました。暖かな日でアイスキャンディも氷が雪に変わってしまうくらい。10℃くらいあったかな。
20210223_091350.jpg
▲夜中に前線が通過して雪が降り、一気に寒くなりましたが、ー5℃位でまだ暖かな方でした。ただ、予報通りに風が強く苦労しましたが、暖かだったので我慢しながら登頂できました。東面は晴れでした。
nice!(0) 

2月20-21日大同心稜から横岳、22,23日谷川雪上技術 [モンベル・コラボイベント]

20日(土)は赤岳鉱泉まで入山して雪上訓練です。21日(日)は朝弁当で大同心稜へ。大同心基部までは小同心クラックへ行くクライマーが先行していたようで、そこまではトレースばっちり。少し風が強いが、気温高めなのが救いです。何とか大同心稜を登り切ったところでどうするか迷いましたが、一瞬横岳が見えたので、行けるとこまで・・・。縦走路に出たところで強風で動けず。そのまま同ルート下降となりました。
大同心と小同心
▲稜線は風が強いようで雪煙が立っていました。明日は今日よりも風が強い予報・・・。
小同心と赤岳
▲大同心基部から小同心と光が当たり始めた赤岳。雲の流れがかなり速く、岩峰は見えたり隠れたり。一瞬、小同心取り付きにクライマーが見えました。
縦走路
▲縦走路(主稜線)に到着。右の人のバックが大同心です。何事もないように写っていますが、強風で動けず。ここで撤退。
大同心稜
▲同ルート下降だが雪粒が顔に当たってかなり痛く、目もほとんど開けられないほどです。雪質もサラサラ&モナカ雪で悪質でした。樹林帯に入ると、今までの風がウソのよう。稜線は風速20mはありましたね・・・。鉱泉に降り立ち小屋スタッフと話していると、ここでは-3~-4℃ほどでポカポカ陽気で平和だったそうです。12時頃には赤岳山荘に降りて昼食となりました。 22日(月)は谷川岳で気温20℃という春の陽気の中で雪上訓練。
20210223_131237.jpg
▲23日(火)は気温-1~-2℃の猛吹雪(ロープウェイ運休!)の中で雪上講習。気温差約20℃・・・

2月13-14日天狗岳登頂 [モンベル・コラボイベント]

11-12日は八ヶ岳でアイスクライミング体験と雪上訓練でした。登山しないのが勿体ないくらいの暖かい陽気でした。
すっぽん
▲12日(金)は常連さんと諏訪の居酒屋「月とすっぽん」でこじんまりと夕食です。
からあげ
▲からあげ
漬物
▲すっぽんフルコースの締めは雑炊と漬物。この漬物が美味しかった♪美濃戸山荘の元ご主人のお店で、このフルコースの他にも色々とメニューがあって美味しそうでした。
カモシカ
▲翌日は天狗岳です。渋の湯についてみると、立派な凛々しいカモシカと遭遇!ラッキー♪
ケーキ
▲本日は黒百合ヒュッテ・スタッフの誕生会だそうで、ケーキを頂いちゃいました♪
テント
▲14日の朝はそれほど寒くなく、いい天気です。テントの灯りが綺麗です。
14日
▲今日は南北中アルプス全部見えました♪
稲子岳
▲バックは稲子岳です。
鹿
▲参加者の皆さんが11:35便バスに乗りたい!という要望があったので、あまりのんびりせずに下山。無事に乗ることができました。車に戻ると、ひょっこり鹿が・・・(笑)。カモシカも鹿も見られてラッキーでした♪

2月6-7日、8-9日赤岳登頂 [モンベル・コラボイベント]

2回連続の赤岳登頂です。7日(日)は青空ですが午後から強風予報のため早出です。茅野駅へのバスもコロナで減便されて最終は14:55なので、やはり早出正解です。
阿弥陀
▲文三郎道から登りますが、バックの阿弥陀岳がキレイなので、いつもの撮影ポイント♪
山頂
▲赤岳山頂から。北アルプスも富士山もかろうじて目視できましたが、モヤってました。すでに春霞? 下山を始めると風も出てきて、鉱泉に帰った頃には雲行きが怪しく、山頂も雲がかかってきていました。寒気が入り、風が冷たくなったなか下山しました。
9日
▲明日も赤岳鉱泉に入るので諏訪のホテルに泊まりましたが、朝起きたら雪が積もっていました!おかげでアイスバーンになった美濃戸~赤岳山荘間は問題なく車は入れて良かったです。ですが、9日(火)は(またも)午後から強風予報だし、気温は赤岳鉱泉で-20℃!稜線は更に寒く、風もあり視界も無いので赤岳山頂手前で撤退。カメラも動かず、行者小屋に降りてきて、かろうじてスマホで1枚だけ撮影できました。…その後スマホはすぐに電源落ちました。

1月30日~2月2日谷川岳・雪崩&危急時&雪上技術講習 [モンベル・コラボイベント]

1月30日(土)は危急時対策/地吹雪、31日(日)は雪崩対策/吹雪、2月1日(月)雪上講習/晴れ、2日(火)雪上講習/雨のち吹雪。
ツエルト
▲30日は大雪注意報から警報に変わって、当日は再び注意報に変わるという天気。時折突風が吹く中でのツエルト設営の難しさと、そのツエルトの有効性を実感。気温は-2℃程度なので見た目よりは寒くないけどね・・・その後は雪洞構築などを行って終了。
スーパー
▲31日は昨日よりはマシ、という程度の吹雪。幸い週末でロープウェイ駅も開いているので休憩場所があって良かったです。写真はホテル宿泊前に地元スーパーで見つけた珍しい食品♪群馬県産ではないのですが、自宅近くでは見ないので購入♪♪
谷川岳
▲2月1日は晴れ!稜線は雪煙たってて風が強そうですが、次第に春の陽気です。汗だくで雪上訓練でした。
雪上講習
2日は朝はミゾレ交じりの雨で午後になるにつれて雪、しかも地吹雪・・・まだましな時に撮影しましたが、段々ひどくなってきて声も聞こえないくらいの風になってきたので14時バス便に乗れるように早めに終了。そのタイミングでひどい地吹雪になりました。・・・これで東京に帰ります。

1月25日千畳敷カール雪崩対策 [モンベル・コラボイベント]

八ヶ岳から駒ケ根に移動して、今日は千畳敷カール(中央アルプス)で雪崩講習です。昨日の積雪が40㎝位あったようで、弱層テスト(シャベルコンプレッションテスト)をしてみると
弱層テスト
▲きれいにスパッとズレました・・・上部分のフカフカした雪もバーブテストしてみるときれいにズレました・・・講習会的には良いのですが、登山はしたくないですね・・
千畳敷
▲到着時は何ともなかったカールですが、午後になるにつれて、そこかしこで雪崩見られました。 弱層テスト結果そのものの雪崩が起きている中での講習だったので、みなさん大満足(恐怖?)でした。
サル
▲おまけ。日向ぼっこするサルに会いました。

1月16-17日赤岳登頂、20-21日八ヶ岳アイスと雪上技術 [モンベル・コラボイベント]

やっと東京にりましたので、遅くなりましたが報告です。16日は朝から小雨が降っていましたが、赤岳山荘からは雪に変わってホッとしました。17日は前日からの積雪で地蔵尾根ラッセルして登頂。18-19日は谷川岳で雪崩&危急時講習、地吹雪!(写真なし)。20-21日は八ヶ岳で雪上講習とアイスクライミングとアイゼンワークでした。
中山尾根
▲17日(日)地蔵尾根途中から中山尾根を登る遠藤パーティ目視。アップするとよくわかります♪
地蔵尾根上部
▲中山乗越から先はトレースなし。地蔵尾根は、ほぼくるぶし上のラッセルでしたが、風も弱く展望もあり最高!
赤岳北峰
▲赤岳北峰で。バックの八ヶ岳連峰がきれいでした。
鉱泉
▲20日は雪上訓練、21日は朝からアイスクライミングとアイゼンワークです。いいお天気♪小屋スタッフもキャンディ整備していました。
雪職人
▲職人・ソリッドさん。つるはしで氷を整えていました。

1月7-9日谷川雪上 [モンベル・コラボイベント]

連続して谷川岳(天神尾根)で雪上技術講習に行っていました。吹雪だったりで上にあがらない時もありましたが、何とか講習できました。
7日山頂
▲7日に撮影した山頂。雪煙が立っていて強風のようです。午後になり登山道わきで雪上訓練をしていると、上から赤岳鉱泉スタッフ(夏は早月小屋スタッフ)のア〇シカさんが降りてきて声かけてくれました♪強風でラッセル大変だったようですが山頂にたったようです。他にすれ違う登山者に声かけると、「ラッセルが酷くて途中で帰ってきた」という回答(後ろを登っているのに、なんでラッセルなのかは不明)ばかりだったが、さすがア〇シカ強い!! 8日は吹雪で9日は晴れましたが山頂はガスの中。
西黒尾根
▲講習場所までラッセル体験してもらって3日目終了。帰りのロープウェイから撮影。
鬼滅の刃
▲家についてみると、①谷川滞在中にアマゾンで衝動買いした「鬼滅の刃(全巻)」が届いていました♪
ルッコラ
▲②夏は虫に食われて全滅したルッコラが順調に育っていました。水も最小限しかあげずに苛酷に育てた方が強くなるようです。・・・7日に関東エリアに非常事態宣言がでました。今後の予定がどうなるか分かりませんが、踏ん張りどころです。

2021年1月4-5日中ア・木曽駒ケ岳 [モンベル・コラボイベント]

年始にはモンベルコラボイベントで木曽駒ケ岳に行ってきました。3000m級の稜線歩きは、そろそろ寒さも厳しくなるこの季節の中では、気温も-12℃程度と暖かい方でした。
DSCN0016.jpg
▲初日は日帰りの福田ガイドグループと一緒にピッケル&アイゼンワークを千畳敷カール内で行いました。
DSCN0003.jpg
▲アッタックの5日は夜明けは良い天気でしたが、出発のころにはガスが上がってきてあいにくの天候になりました。
DSCN0004.jpg
▲乗越浄土に上がると風が吹き始め視界もさらに悪くなりました。風が心配です。
DSCN0010.jpg
▲途中の道標にはエビの尻尾がびっしり。強風が吹く北西~西方面に生えていました。
DSCN0009.jpg
▲ガスの中の宝剣岳。少し雪が少なめでしょうか、強風で飛ばされたのかも。
DSCN0007.jpg
▲中岳に立つと木曽駒ケ岳が見えました。ここまでくれば後は体力のみです。
DSCN0005.jpg
▲山頂は以外にも風が強くなく、しばらく滞在できました。この後少し回復傾向になったからでした。
nice!(0) 
前の10件 | - モンベル・コラボイベント ブログトップ