So-net無料ブログ作成

8月13-16日北ア・槍ヶ岳北鎌尾根(湯俣経由) [実践登攀]

お盆の山行は、名ルート「北鎌尾根」に行ってきました。貧乏沢や水俣乗越から北鎌沢に入るのがメジャー(?)になっていますが、今回は「湯俣」からアプローチした古典的なルートです。 初日は春嵐荘にとまり、ゆっくり温泉で疲れを癒します。翌日は7時前に小屋を出発して北鎌沢にテント泊。翌朝は3時30分北鎌沢取り付きでしたが、思いがけず水量が多かったため、明るくなるのを待ってから出発。順調に登り、午後2時には北鎌平へ。ここから雨に降られましたが、山頂には午後3時過ぎに到着しました。今回は、今日の宿「ヒュッテ大槍」で解散。車をデポしたガイドと他1名は、翌日に水俣乗越経由で北鎌沢に戻り、再び湯俣へ下山しました。湯俣までのヘツリの部分などの支点(リングボルト)やフィックスロープは古く、錆びているものもあるので、注意が必要でした。
春嵐荘
  ▲「春嵐荘(せいらんそう)」は純和風の古めかしい建物ですが、中は清潔で温泉も楽しめ、居心地が良かったです。
徒渉
  ▲徒渉風景です。水量が’少なめ’と聞いていましたが、10回以上徒渉しました。冷たさを通り越して”痛い”・・・
テント場
  ▲午後3時30分頃に今日のテント場「北鎌沢」に到着しました。軽量化のために銀マットなどは持参していません。
焚き火
  ▲夕食も済むと焚き火する余裕も出てきました。が、この後雨が・・・。幸い一時で済んだので、再び焚き火を再開し午後8時頃には就寝しました。
稜線で
  ▲北鎌のコルからは稜線歩きになります。登ったり、降りたり・・・
独標
  ▲数回ピークを越えると、独標が見えてきました。ピラミダルな山容でどっしりした重量感が感じられます。
ライチョウ
  ▲ラッキーな事に雷鳥の親子に出合いました。・・・でも雷鳥って悪天にでてくるんだよね。嫌な予感・・・
槍をのぞむ
  ▲槍が見えてきた頃には、山頂にもガスが・・・
山頂
  ▲山頂直下で雨に降られましたが、大した大雨にもならずに無事山頂に到着!風もあるので、早々に下山開始。ヒュッテ大槍には午後5時に到着しました。・・・みなさんお疲れ様!
北鎌沢から
  ▲電車組に別れを告げ、車をデポしたガイドと岐阜のH氏は水俣乗越で再び北鎌沢へ。右の稜線が北鎌尾根。左が下山のために降りてきた東鎌尾根。グルッと一周してきました。水俣乗越下にはボロボロの雪渓が残っていましたが、脇道が出来ていてピッケル、軽アイゼン無しでも下山できました。
湯俣出合い
  ▲午後1時頃に湯俣川と水俣川の出合いに到着。右の神社にお参りし、ホット笑顔のH氏。ここから約2時間半の林道歩きで高瀬ダムです。・・・最後のトンネル付近で雨に降られましたが、雨具を着る事も無く七倉まで下山できました。
nice!(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

トラックバック 0